継続的支援プログラム

心と体の健康をサポートする活動

支援を継続させていきます

支援を必要としている子供たち・親たちは、支援者たちとの交流の場で触れ合い、問題を共有して いきます。

支援する人、支援を必要とする人が共に集まることのできる「場」づくりは皆さんが繋がる大切な第一歩です。


食と音楽で、体と心の健康を届けたい

緊急の食支援に続き、コロナ禍の終息後における支援については、今回サポーターとしてご支援いただいた皆様のうち、継続的な支援をお考え頂いた皆様から年間のご支援金をいただき、各地の児童家庭支援センターを通じて、このような「場」づくりプロジェクトを継続して実施することを企画いたします。

食事の提供と100万人のクラシックライブのライブコンサートで、交流の「場」を継続的に作っていくプログラムです。


音楽に触れ心を和ませ、食事をしながら、支援のきっかけをつかむ場をどんどん広げていきませんか。

活動の主体

活動は、一般財団法人100万人のクラシックライブ(非営利活動)が担います。新たな活動の柱として、この緊急事態が落ち着いた後、時機をみて活動をスタートさせる計画です。

資金の使途について

集まった資金は、子ども食堂等での子ども達・親子に向けたクラシックライブ開催に使わせていただきます。

ただし十分な資金が集まらない時はその旨ご報告し、このプログラムを中止することもありうることを申し添えます。
ピアニスト兼  一般財団法人100万人のクラシックライブスタッフの高見さんが、財団オフィスからメッセージ&演奏をお届けします。


言葉にできない気持ちを音楽で・・・
聴き手の心に寄り添いたい。

100万人のクラシックライブ とは?

赤ちゃんからお年寄りまで、あらゆる人の日常に音楽の感動を届けたい!との思いで、年間100万人(日本の人口の約1%)に、至近距離で生のクラシック音楽の感動をお届けすることを目標とし、全国の主催者によって行われているミニコンサート活動。

音楽は言語を超えたコミュニケーションであり、年齢、性別、国籍も問わず、聴き手の心に染み込み、純粋な感動と喜びを与えることができます。

*2015年から5年間、全国で1587回のライブ開催実績あり。

一般財団法人100万人のクラシックライブ(非営利型)は、全国の演奏家ネットワーク構築・主催者サポート等、活動の推進を担っています。 100万人のクラシックライブについてもっと詳しく